電気代節約は電気を使わない?

夏の電気代節約

電気代を、節約するには、どうすればよいでしょうか。

かんたんなことです。

電気を、使わないようにすることです。

あたり前ですね!

必要な電気となくてもいい電気

勿論、どうしても生活するには、必要な電気は、あるんですから、その電気代は、無駄ではありません。

夏季の電気代の節約が、必要だとういのは、どれが、無駄な電気なのかわかりにくいことでしょう。

冷房は、無駄でしょうか。

現代の日本の暑い夏を、乗り切る為に、今ではクーラーの冷房なしでやっていけますか。

病気になってもよいとおもうなら可能でしょうが、それでは、何の為の節約かわかりません。

つまり、ちょうどよいな冷房を、使いなが、ら電気代を、節約することを、考えなければいけません。

具体的には、クーラーの温度を、すこし高めに設定することやテレビ、パソコン等のつけっぱなしにしない、使ってないときには、電気を、切ることです。

テレビやパソコンの発熱は、案外と電気をたくさん使っています。

どの程度かは、本体を、触ってみると解るでしょう。

熱くなっているはずです。

その熱の分だけ電気を、使っているということです。

照明は、蛍光灯からLEDに変わってきましたが、全てが、変わっているわけでは、ないでしょう。

まだ蛍光灯を、使っているなら、早めにLEDに代えることを、おススメします。

ただ、LEDでもすこしは、熱くなります。

使っていない部屋の電気は、こまめに消すようにしてください。

クーラーを、使う時は、冷やし過ぎないことが、ポイントですが、その見極めが、むつかしいため強めにしてしまうケースが、殆どです。

寝苦しくて夜中に目を、覚ますよりも、寒い部屋でふとんを、かぶった方が、熟睡できると思っているからです。

夏の暮らしと電気代の節約そして体調管理

子供たちは、夏休みが、あるんですが、大人は、毎日仕事です。

そこで、体調を、壊さないように自己管理を、して置くことが、重要となります。

夏の暑さに軟弱と自覚しているので、あれば、それなりの対策を、してください。

ただ、電気代節約の見地からは、不要な冷房は、避けたいところです。

夏の電気代は、冷房ばかりだと思っている人も少なくありませんが、実は、テレビやパソコン等の家電品からでる熱も決して無視出来ません。

熱の逃げ場が、ありませんから、部屋の温度を、上げてしまうのです。

クーラーで部屋の温度を1度下げる為の電気代

クーラーで部屋の温度を、1度下げる為にどの程度の電気代が、かかるでしょうか。

テレビを、つけるのみで、数度上昇していることは、まちが、いありません。

特別に見たい番組もなく、ただ何となくつけている態勢であれば直ぐにテレビを、消しましょう。

又、パソコンでゲームばかりを、するので、はなく、パソコンを、消してたまには、読書を、してどうでしょうか。

電気を、節約する暮らしとは、クーラーを、切るだけのことではなく、無駄な熱を、出さないということにもつなが、ります。

勿論、全く冷房しないという暮らしは、現代の日本では、ムリですから、どの時間帯を、カイテキに過ごすかを、考えてください。

やっぱり就寝時が、カイテキでなければ、翌日の仕事を、頑張るパワーは、出てきません。

夕食は、汗を、いっぱいかきなが、ら食べて、おふろで汗を、流した後にすこし涼しいふとんに横

たわるのが、夏の暮らしとしておススメです。

必要な電気代と無駄な電気代の切り分けが、重要となります。

電気代の節約と気象

夏季は、その日の天候によって、クーラーを、つけるかつけないかは、左右されます。

電気代もそれに連動していることでしょう。

つまり、今年の夏の電気代を、節約したいと考えているなら、気象情報を、点検して置くことを、おススメします。

長期気象で今年の夏が、例年通りなら、電気代の節約は、いくつか工夫すればよいでしょうが、暑くすると予想されているとクーラーを、つける割合が、高くなり、電気代の節約は、難しくなるのです。

したが、って、去年に対してどの程度節約するかと言った表現ではなく、今使うことによって電気代で節約できるところは、ないかという視点を、もつべきでしょう。

他の家計との総合で、どうしても冷房が必要なら、それなりの予算ということで計上することが必要です。

夏の暑さを、乗り切るためのくふう等もネットを、探せば沢山出てきますが、それで体調を、壊してしまっては、いみが、ありませんし、仕事は、きっちりとやらなければならないのです。

暑さを感じなくさせる工夫

暑さを、辛抱するので、はなく、暑くかんじないくふうが、ポイントでしょう。

涼しそうな映像を、見ると、それのみで涼しさを、かんじるようなことです。

夏で課題なのは、就寝時の冷房です。

寝汗を、びっしりとかいて目覚めてしまうととても疲労感が、あるんです。

仕事に行く元気もなくなってしまうでしょう。

そうならない為には、クーラーでの適切な温度管理が、必要となるのです。

必要以上に冷やさないためのくふうは、寝室の温度を、早めに下げて置くことです。

冷房の効いたリビングから、冷房を、何もしていない寝室に移動するのみで暑さを、かんじますから、早めに冷やしておけばそれのみでも気持ちよくなります。

コメント

10 dummydummy dummy dummy