電気代節約には目標が必要

電気代節約には目標が必要 夏の電気代節約

今年の夏は、電気代を、節約しようと目標を、立てる人も少なくありません。

ただ、漠然と節約を、しようとしても、目標が、どこにあるのかを、決めなければ、達成できたかどうかわからないからです。

重要なことは、目標に対して、どんな具体策を、考えるかということです。

電気代の節約には目標を持って取り組むことが大切

つまり、クーラーの温度設定は、何度にするか、眠る時にクーラーは、どうするか等を、決めておきましょう。

電気代の数値を、目標としてもよいですが、それには、明確な根拠が、あるわけでは、ないでしょう。

夏の暑さは、その年によって変化しますから、なかなか去年と比較出来ない部分が、あるんです。

電気代を、節約するのみであれば、前年の金額は、わかっていますし、現在の使う量も解るでしょう。

そこから数値目標を、立ててください。

家族の人数が、変わったら、電気代も大きくかわるは、ずです。

その分も考慮しておきましょう。

日本のみではなく地球トータルで温暖化が、進んでおり、夏の電気代もジワジワと上が、っています。

使う量を、減らしても節約にならないケースもあるのです。

節電型の電気機器に代えることも長い目で節約になる

確実にできる対策として、家電品を、最新型に代えることで大きな効果が、得られます。

勿論、その為の費用が、掛かってしまいますから、簡単では、ありません。

蛍光灯を、LED電球に代えると言った地道な努力ですこしずつ電気代を、減らしましょう。

クーラーを、とめると暑さを、直接的に肌でかんじますから、節約効果もたかいですが、気分的な影響も無視出来ません。

それでも自分自身の家族は、電気代節約を、頑張るのです。

家族で協力すれば、ある程度の効果を、出すことは、可能です。

電気代節約と家族

家族が、沢山いると、どう実行しても電気代が、かかってしまいます。

とくに夏季は、個々の部屋でクーラーを、つけますから、節約を、することは、容易では、ないでしょう。

とはいえ、沢山電気代が、必要な分、節約効果もたかいと考えるべきです。

具体的にどんな方法が、あるでしょうか。

みんなリビングに集まろう

まず、夏は、家族が、リビング等の一か所に集まる時間を、増やすことです。

単純にクーラーの動作台数と照明の数を、減らすことが、出来ます。

勿論、眠る前には、クーラーを、つけて置くことが、ポイントです。

ウインドウを、開けすることで涼しさを、呼び込むことが、できる場合もあるんですが、都会では、むつかしいでしょう。

夏の暑さは、半端では、ないと認識して置くべきです。

節約効果が、高いのは、クーラーだけかもしれませんが、その代わりとなるものが、なければ、電気代を、節約することは、出来ません。

氷枕や、冷却シート等色々試してみていることでしょう。

昼間は、仕事で家庭にいない人は、昼間の暑さが、わかりません。

お母さんは、暑い部屋で辛抱しているのです。

体調を崩してまでの電気代節約はやめよう

注意しなければならないのは、夏の暑さを、ムリに辛抱しては、いけないことです。

つまり、体調を、壊してしまうもともとの原因にもなります。

老年者は、勿論ですが、近頃は、若い女性も体調不良の人が、増えているやうです。

食事と睡眠を、しっかりと取ることで夏バテにならない体を、創りましょう。

夜は、クーラーを、つけて熟睡することも仕方のないことです。

電気代の節約という面からは、マイナスとなりますが、家族の健康的な睡眠が、第一です。
その上で節約を、考えてください。

無駄な電気は消しましょう

家庭中の電気を、つけている人が、いますが、何の為につけっぱなしにしているので、しょうか。

電気代を、節約するための基本は、無駄な電気を、消すことですから、それに反していることになります。

勿論、自分自身が、必要な電気を、消すと視力が、衰えてきたり、けが、を、したりしますから、それは、止めておかなければいけません。

トイレの電気やふろ場の電気等消せるところは、沢山あるはずです。

夏の電気代を、節約する噂では、クーラーばかりが、注目されているのですが、その他の電気を、無視してよいわけでは、ありません。

トータル的に電気代全体に影響しないとしても、節約する気持ちを、もつことが、重要です。
自分自身でかんたんにできる節約だからです。

かんたんなことが、出来ない人に限ってむつかしいことに挑戦します。

そして、結局は、何も出来ないで終わってしまうのです。

今年の夏こそは、少しでも何とかして電気代の節約を、実践しましょう。

その手始めとして無駄な電気を、消すことです。

クーラーの節約は、体で直ぐにわかりますから、中々むつかしい面が、あるんです。

ただ、トイレの電気は、ついているだけ無駄ですから、直ぐに消せばよいのです。

それが、出来ない人にとっては、人感センサー付きのスイッチに代える方法もあるんです。
人が、いなければ自動的に消える仕組みです。

高額なもので、は、ありませんが、意識して節電する気持ちを、育てることは、出来ません。

電気代の節約は、家庭計に直結していますが、子供たちへの教育的見地からも推進すべきです。
親が、率先垂範しなければいけません。

 

コメント

10 dummydummy dummy dummy