電気代の節約の口コミ

電気代の節約の口コミ 夏の電気代節約

ネットの口コミのサイトには、色々と有益な情報が、掲載されています。

夏季の電気代節約にかんしてもおおくの人が、苦労しているようですね。

ただ、できることは、殆ど決まっています。

クーラーの温度を、上げたり、不要な電気を、消したりすることでしょう。

電力自由化で節約も

近頃は、電力自由化に伴って、電力会社の契約を、変更することで電気代が、節約できると口コミです。

勿論、契約上のことですから、電気を、節約しているわけでは、ありません。

ただ、支払う電気代は、安い方が、よいに決まっていますから、自分自身が、住んでいる地域で契約可能な会社を、調べて置くことを、おススメします。

健康第一で電気の節約を

さて、夏の暑さを、辛抱して電気代節約だと思ってクーラーを、弱めに設定することが、節電だと思っている人が、少なくありませんが、その為に夜が、眠れなくなったり食欲が、減退したりしては、本末転倒でしょう。

電気代は、どうしても必要な部分と、必ようのない無駄な部分に分けることが、重要です。

口コミサイトにもそのヒントが、掲載されています。

個々の暮らしパターンによって無駄な部分は、異なります。

勿論、誰もいない部屋のクーラーや電気を、つけることは、あきらかな無駄ですが、中には、どちらか判断出来ないケースもあるんです。

クーラーを、扇風機にすると電気代は、減すこしますが、それで課題ないので、あればクーラーが、必要ないことになるでしょう。

暮らしに支障が、ないかわからない時は、試してみることです。

夏でもクーラーを、つけない家庭もあるのです。

それは、扇風機のみでじゅうぶんだと体でわかっているからでしょう。

電気代と家電

家庭のなかには、沢山の家電が、あるんです。

使うする時だけ電気を、使う家電もあれば、一昼間動作している家電もあるんです。

個々は、必要だから購入しているので、あり、無駄なものが、あるわけでは、ないでしょう。

ただ、電気代の面から見て大きな影響を、与える家電と殆ど電気を、使わない家電が、あるんです。

冷蔵庫等は、食品を、入れていますから、電気が、切れてしまうとただの邪魔な箱になります。照明器具や扇風機等は、必要な時のみでスイッチを、入れます。

つまり、使わない時にスイッチが、入っていれば、それは、無駄と判断してよいでしょう。

毎日の暮らしでは、電気代の節約を、考えていないとしても、夏を、カイテキに過ごすための節約術を、考えてみてください。

具体的な方法は、個々で考えなければいけませんが、沢山の電気を、使うことによっている機器を、ターゲットとして節約すべきです。

その方が、効果は、出安いからです。

夏季は、冷房器具が、ポイントです。

クーラーの使い方、扇風機の使い方を、考えるのです。

まずは、今どんな使い方を、しているのかを、おもい出し、そこに無駄が、ないかを、点検しましょう。

自分自身では、無駄だと思っていなくても、一般的な視点からは、無駄になるケースもあるんですから、ネット等で情報を、集めてください。

昼間は、仕事で家庭にいなければ、昼間の暑さは、関係ありません。
熱帯夜の過ごし方が、焦点になるでしょう。

どれだけ頑張ってみても、大幅な節電が、可能であるわけでは、ありませんから、地道な努力が、必要です。

一人暮らしの電気代節約

一人暮らしの場合、電気代は、少なくて済むと思っているかもしれませんが、夏季の都会での暑さが、辛抱できずにクーラーをつけっぱなしにして寝床につく人が、多くなっています。

その結果として、独り暮らしの電気代は、高くついてしまいます。

勿論、それは、あなたの心がけ次第です。

夏を、カイテキに過ごしなが、ら電気代を、節約することを、考えてください。

まず、昼間は、仕事を、しているでしょうから、部屋の温度が、上が、っても気にする必要は、ありません。

仕事から帰宅後に注目しましょう。

ムッとする部屋に入ってくると、始めにやることは、クーラーを、つけることでしょうか。
それともウインドウを、開けることでしょうか。

ウインドウを、開けられない環境であればどうしようもありませんが、できることならウインドウを、開けて空気を、入れ替えたいものです。

毎日仕事から帰ってくる時間が、決まっているので、あれば、タイマー設定を、して部屋の温度を、カイテキグレードにして置くのもよいでしょう。

当然電気代は、かかるのですが、カイテキに過ごすことも重要です。

夜の間は、弱めの設定にすることも可能です。

トータルの電気代を、考慮しなければいけません。

又、使うことによっていない照明を、消したり、テレビを、消したりすることも重要です。

大家族と違い電気代の総額が、違いますから、小さな電気も金額に影響するのです。

小さい時から電気代の節約が、暮らしの一部になっている人は、一人暮らしを、しても無意識のうちに節電を、しているので、しょう。

現代において電気を、使わない暮らしは、ありません。

それは、一人暮らしでも同じですから、節約を、考えることが、重要です。

電気代の節約の裏技

電気代節約と聴けば無駄な電気を、こまめに消したり、クーラーの温度を、1度上げたりすることだと思っているでしょう。

確かに夏季は、クーラーの電気代が、無視出来ません。

とはいえ、そのような努力とは、別に裏技に近い電気代節約方法が、あるんです。
それは、契約プランの見直しです。

電力自由化を、受けて、個人でも電力会社を、選定ことが、できるようになりました。

つまり、これ迄は、自分自身が、住んでいる地域の電力会社との契約に限定されていましたが、これからは、自由に選べるのです。

携帯会社や石油会社等の大手が、名乗りを、上げています。

勿論、電力会社もただ見ているのみでは、お客を、取られてしまいますから、契約プランメニューを、作って、自分自身の暮らしに合わせて電気代を、節約してもらおうと考えているのです。

例えば、昼間は、仕事で殆どいない人といつも家庭にいる人では、電気の使い方が、大きく異なります。

個々に合わせたプランを、提供しているのです。

その差は、数千円になりますから、節約の割合は、可なりたかいでしょう。

携帯会社等と契約するとスマートフォンとのトータルでの費用を、考えなければいけません。
全てを、一つの会社にした方が、割安になります。

いずれにしても、この方法は、電気代が、安くなりますが、夏季の電気の節約を、しているわけでは、ありません。

そこが、裏技能と表現している理由です。

2年目からは、使えませんから、来年は、別の方法で電気代の節約を、考えてください。

毎年電気代を、節約することが、出来れば、それは、実質的な収入増となるでしょう。

電気代とテレビ

電気代節約の為には、夏季の冷房を、おさえることが、一番だとおもわれています。

それは、そうなのですが、冷房を、低くする以外にできることが、あるんです。

それは、テレビを、こまめに消すことです。

テレビは、LEDになってから、可なり低消費電力となりました。

とはいえ、家電のなかでは、電気代が、かかる方に入っています。

つまり、面白くない番組を、ただ見ているよりも、テレビを、消して他のことを、してもらいたいのです。

そうすれば電気代の節約につなが、ります。

LEDになっても可なりの発熱が、あるんですから、それが、クーラーの冷房にも影響していくのです。

おおくの人が、テレビの電気代よりもクーラーの電気代節約を、重要視していますが、テレビの発熱も無視出来ないことを、認識しておかなければいけません。

見なくてもよい番組であれば、時間と電気代の無駄でしょう。

夏季は、早起きして、涼しいうちにテレビを、見ては、どうでしょうか。

自分自身と家族の健康の為にもおススメします。

テレビ番組が、面白くないということではなく、思った以上に電気を、使うことによっていることを、知らなければいけません。

大型テレビであれば、なおのことです。

テレビが、使う消費電力を、調べてみましょう。

調べなくても、触ってみれば解るかもしれません。

あったかいので、はなく熱いのです。

その熱の分が、電気ですし、それを、消すための冷房の電気代にもなります。

家庭のなかで動いている家電全てが、節約の対象となっていることが、わかれば、どの部分から手を、付ければよいかわかります。

かんたんなところから始めましょう。

電気代の節約と体調

夏の暑さは、誰でも辛抱出来ないほどでしょう。

ただ、その対処方法を、どうするかが、重要となります。

女性等寒さに軟弱人は、会社の冷房で体調を、壊してしまうことも少なくありません。

自己防衛の為、夏でも長袖を、羽織っているのです。

職場では、多様な人が、いて、一人だけの希望で空調を、代えることは、むつかしいでしょう。

ただ、家庭に帰れば自分自身の体調に合わせてクーラーを、細かく調整しましょう。

それが、電気代節約になります。

勿論、企業においても、コスト意識で電気代節約に積極的におこなうようになりましたから、冷房は、弱めに設定しているは、ずです。

冷房で体調を、壊す人のおおくは、就寝時のクーラーの使い方に課題が、あると言われています。

つまり、寝入る時は、体感温度が、暑いため、クーラーの冷房を、強めにしていて、その後も同じ温度のままつけたままにしてしまうのです。

明け方には、熱帯夜も和らい出来ますが、冷房は、そのま迄す。

結果的に体が、冷え過ぎになってしまうのです。

これを、防御する為には、初めから弱めにして置くことですが、就寝直後にすぐ冷えるわけでは、ないですから、早めに冷房を、かけておきましょう。

注意しておきたいのは、冷房が、全てワルイわけでは、ありません。

夏の暑い日に辛抱するのも体調不良となってしまいますから、ちょうどよいな温度を、保つことが、重要となります。

家庭では、自分自身に合わせてクーラーを、調節し、仕事場では、冷房に合わせて服で調節することが、ポイントでしょう。

結果的に電気代の節約につなが、っていくはずです。

 

コメント

10 dummydummy dummy dummy