米や野菜の入手手法をアレンジすれば節約につながる

2人暮らしの食費節約術

結婚後は、どちらかの家で親世帯と同居するだけでなく、夫婦での2人暮らしを始めるケースも少なくありません。

そのとき、夫婦どちらかがファミリースタイルの部屋に住んでいるときは、そこで新生活を始めることも出来ますよね。

又、そうすることによって新生活にともなう諸費用を抑制するのではないでしょうか。

ただし、大家さんとのトラブルになるのを防ぐ為にも「賃貸契約書」をきちんと確かめることが重要です。

ここでは、結婚後も家賃が変わらないことを前提にお話したいとおもいます。

まず、人数が2人に増加しても家賃が2倍にならない点が嬉しいですよね。

当然、水道光熱費等が割り増しになるこというのは考えられます。

しかしながら、2人暮らしを始めたとしても、何もかも倍増しないことが大きなメリットではないでしょうか。

又、スーパーに並ぶパック入りのお総菜には、2人暮らしにバツグンな容量もありますよね。

調理の時間がないときは、うまく活用することによって食費の節約にもつながります。

食費のなかには米や野菜も含まれますが、実家が農家の人は親元から送ってもらうほか、帰省時にもらってくる手法もあります。

農家に知り合いがいないケースは、野菜直売所を利用する手法もあり、新鮮な野菜が食べることが出来るだけでなく食費の節約にもなりますよね。

当然、スーパーの値引きコーナーも見逃せません。

野菜は鮮度が重要ですが、傷みがわずかものだと割安の品を買入したケースお得になります。

袋入りの米(白米)が割り引かれているケースもありますので、目にしたケースではは買入したケース良いかも知れませんね。

野菜の買う手順をアレンジしよう

健康で長生きする目的では、栄養バランスの取れた食習慣が重要です。

食習慣が欧米化されて久しくなりますが、やはり、和食中心のお食事を心掛けるようにしたいですね。

その為には、外食をしたケースきに脂っこいものだけでなく、野菜が入ったメニューを選択することも重要ではないでしょうか。

野菜には、個々旬のものがありますが、いつだとしてもスーパーで見掛けるようになったことから、シーズン感がわからなくなってきています。

一方、収穫量が自然環境要素に左右されるため、価値が高騰することも少なくありません。

その為、食費の節約を目指す為にはシビアなかも知れませんね。

野菜を買入したケースきは、調理メニューに合わせたものを選択するのが理想的です。

しかしながら、レタスをキャベツに変更する等、そのときの状況に合わせて買う手順をアレンジすることもポイントではないでしょうか。

又、1人暮らしや2人暮らしといった人数がわずかご身内では、一度に買入する量をどれくらいにするかも考える必要がでてきますね。

たとえば、キャベツは「2分の1」や「4分の1」に除去して市販されることも少なくありません。

そのとき、どちらがお得か計算する買う手順も食費の節約におススメです。

又、多様な産地のものが集まっているケースは、それらの品物を比べてみると良いでしょう。

なかには、丸ごとで市販されているキャベツもあり、おもい切断して買入したほうがお得になるかも知れません。

2人暮らし等のご身内でキャベツ1個を食べきる目的では、1週間等の単位でメニューを決めてアレンジすることをおススメします。

家庭菜園が食育にもつながる

調理をつくるときは、栄養バランスは当然のこと、パッと見を意識することも大きなポイントになります。

又、食材にどんな栄養素が含有されているか分からないときは、食材の色・5色を目安にしたケース良いとも言われています。

たとえば「赤:鮭」「白:ごはん」「黄:卵」「緑:ほうれん草」「黒:ごま」で如何ですか。

それだけでお弁当が創れるかも知れませんね。

もし、足りない色がでてきたケースは、意識して補うとパッと見もキレイになります。

たとえば、緑色があったら嬉しいときに野菜を投入したケース、茶色いおかずが一変しますよね。

そのときに役立つのがご身内菜園です。

2人暮らし等少人数のご身内では、野菜をまるごと買うと余ることもでてきます。

当然、短期間のうちに使い切断する手法もありますが、パセリや三つ葉等、ちょっとあったら嬉しいときにご身内菜園は重宝するのではないでしょうか。

ただ、植木鉢やプランターに投入する土や肥料等の価値を考えると、食費の節約には結びつかないかも知れません。

しかしながら、将来、ちびっこが出現したケースではは、自宅で野菜づくりを行うことが食育にもつながります。

又、ちびっこに野菜づくりを経験させることで、お好み嫌い防止にも役立つのではないでしょうか。

尚、野菜を育てる手法として水栽培(水耕栽培)があります。

なかだとしても、長ネギは育て易いため、食費を節約したい人の間で大好評になっています。

又、多様な調理に入れられることから、2人暮らしの食卓を潤すことにもつながります。

野菜の水栽培をしたケースきは、逐一水を替える等、十分に注意しましょう。

 

コメント