冷凍した豆腐の活用手法

2人暮らしの食費節約術

2人暮らしの食費をやりくりして節約する目的では、食材が安いときにまとめ買いして冷凍保全する手法があります。

その為、食材の買い物に行く日に利用する予定がないケースだとしても、冷凍室の空きスペースと相談しながら買入しておくと良いでしょう。

ただし、冷凍保全に向かない食材もありますので、迷ったケースではは確かめてからおこなうことをおススメします。

又、冷凍した後は食感が変わるものもあり、調理メニューのアレンジが増加するだけでなく、2人暮らしの食卓にチェンジが期待出来るのではないでしょうか。

その一つに豆腐があります。

豆腐の消費期限は品物によってもいろいろですので、買入時にはきちんと確かめたいですね。

又、冷蔵庫の奥で眠らせないように注意しましょう。

もし、消費期限内に使わないときは、消費期限内に冷凍室へ移行させることをおススメします。

豆腐はパックのままで冷凍することも出来ます。

尚、冷凍保全後は1カ月以内に解凍して調理することが重要です。

解凍したケースきは、室温に注意しながら自然解凍するほか、電子レンジを利用する手法等もあります。

解凍後は水気を絞って加熱調理しましょう。

解凍した豆腐は、凍り豆腐(高野豆腐)のような食感が楽しめます。

その為、凍り豆腐を意識して、少しばっかり変わった調理にアレンジしたケース良いですね。

ちなみに、凍り豆腐には鶏肉のような食感があり、唐揚げやチキンナゲット等の食材として話題されています。

そうすることによって食費の節約にもなります。

又、調理メニューにチェンジを付ける等、遊び心を持つことも2人暮らしの節約生活には良いのではないでしょうか。

食材の再冷凍はリスク!

食費を節約する目的では、特売日等を利用して買入した食材や食品を冷凍保全する手法があります。

ただし、冷凍保全に向かないものがあるほか、加熱が必要なものもあるため、きちんと確かめたうえで正しくおこないましょう。

又、長期保全はせずに1カ月以内に解凍して利用することがキーポイントです。

2人暮らしのケース、2人分だけをきちっと計って調理したケース却って手間になるケースもあります。

その為、おかずを多くつくって冷凍しておくと、調理時間の節約にもつながります。

又、食費や光熱費の節約にも役立つのではないでしょうか。

ただし、一度解凍したものの再冷凍は厳禁です。

再冷凍したケース食材の細胞が壊れて味が劣化するこというのは知られていますよね。

溶けたアイスクリームを再冷凍したケース芳香や味わいが変わることを経験した人もいるのではないでしょうか。

食材や食品をすぐそこにしたケース惜しいフィーリングもありますが、潔く諦めることも節約生活には必要です。

又、細菌の増殖によって食中毒のリスクも高まってきます。

再冷凍が厳禁される理由は、健康被害が懸念される箇所が大きいのかも知れませんね。

節約も重要ですが、体を壊しては元も子もありません。

再冷凍に限らず、もったいない精神を捨てることも重要ですね。

尚、ごはんやおかずを冷凍したケースきは、1食ごとに解凍出来るように小分けしておくと大変楽です。

2人暮らしのケースは当然、身内の人数が増加するとお食事時間が別々になるケースもあります。

そのときに、早速に解凍利用出来るごはんやおかずがあると、個別対応出来るメリットが大きいのではないでしょうか。

コメント