ごはんの保存方法

2人暮らしの食費節約術

主食にパンを食す人が増加していますが、やはり、ごはんを食すと落ち着けるのではないでしょうか。

ただ、1人暮らしや2人暮らし等少人数のご身内では、ごはんを炊く手間が掛かるため、敬遠することもありますよね。

又、2人暮らし等少人数のご身内に限らず、スーパーでパック入りのごはんやおにぎりを買入する手法があります。

特に、忙しいときは食費や光熱費の節約等を心配する余裕がないかも知れませんね。

しかしながら、ごはんをまとめて炊いて保全することによって食費の節約につながることも知っておきましょう。

ごはんを炊くときは炊飯ジャーを利用するだけでなく、土鍋で炊く手法もあります。

土鍋は煮炊きにも利用出来るため、2人暮らしの鍋調理にも重宝するのではないでしょうか。

土鍋の火を止める時期はいろいろですが、沸騰後に余熱で炊きあげる手法を実践したケース、光熱費節約にもつながります。

尚、土鍋を取り扱うときは、くれぐれも火傷には注意してください。

炊きあげたごはんの保全手法も気になりますね。

常温や冷蔵での保全等、こちらも多様な手法がありますが、1食ごとに冷凍保全しておくと、お好みなときに解凍して使えるメリットが大きいですよね。

ごはんを冷凍したケースきは、温かいうちにラップに包み、粗熱を取ってから冷凍室に投入することがポイントです。

ラップで包むときは、適度な隙間を保つ為にフワッと包むと良いでしょう。

尚、冷凍保全したごはんの食べ頃は3日までと言われています。

当然、それ以後も食すこというのは出来ますが、オイシさを優先する目的でも、あまり長く保全しないようにしましょう。

尚、解凍したケースきは、電子レンジで一気に出来るので大変楽です。

パン類の見直しをおススメ

食習慣の欧米化にともない、朝食をパンにするご身内も沢山のではないでしょうか。

特に、2人暮らし等少人数のご身内では、コーヒーや牛乳等の飲み物を整備するだけだとしても済むため、忙しい朝には大変楽ですよね。

当然、栄養面を考えると野菜や果物等をともに食すことが重要です。

又、お昼を総菜パンや菓子パン等で済ませたりすることも出来ます。

こちらにも、お弁当の整備をしなくても良いメリットがあります。

ただし、栄養バランス面では褒められるケースばっかりではないでしょう。

節約生活は重要ですが、その為にボディーを壊してしまっては元も子もありません。

2人暮らしのご身内に限ったことではありませんが、常に栄養バランスに気を配った食習慣を心掛けることをおススメします。

又、パンの部類を見直すことが食費の節約にもつながります。

たとえば、2人暮らしのご身内で、菓子パン2個を買うケースと食パン1斤を買うケースは如何ですか。

菓子パンのほうが割高になることが沢山のではないでしょうか。

又、1人1個に収まらないケースはより一層高くついてしまいます。

やはり、食費の節約を行う目的では、日々の積み重ねが大きなポイントになります。

変わった部類のパンを食すことも楽しみですが、常々は食パンに決めておくと良いかも知れませんね。

尚、食パンが余りそうなときは1個ずつラップに包み、より一層、冷凍用保全袋に投入して冷凍保全する手法があります。

食すときは、段階を踏まずに一気にトースターで焼くと良いでしょう。

当然、冷凍保全後は、可能な限り急いで食すことをおススメします。

 

冷蔵庫の大きさも重要なポイント

食材や食品を新鮮な有り様で利用する目的では、その都度、スーパー等で買入してくる手法が理想的です。

いわば、自宅の冷蔵庫替りとしてストアーを利用する手法ですが、現実的には難しいケースが沢山のではないでしょうか。

もし、自宅に食べものが何もない有り様になると、身体の具合を崩してお出掛けが困難になったケースではは大変です。

当然、2人暮らしのケースはそういうケースがわずかとおもわれますが、夫婦のどちらかが出張の為に自分1人になるかも知れません。

そういったケースではに困らない為にも、あるくらいの食料品を自宅に置いておくことをおススメします。

又、身体の具合が悪くなったケースではに食べることが出来るものも整備しておくと、より一層安心出来るのではないでしょうか。

食料品を保全する目的では、冷蔵庫の大きさがネックになります。

2人暮らし等少人数のご身内ではちっちゃい冷蔵庫で十分だとおもいがちです。

しかしながら、あるくらいの大きさがないと、割引品物を買入しても冷凍保全ができなくなります。

食費を節約する手法として冷凍保全が楽ですが、冷蔵庫の空きスペースがない為に諦めるのはあまりにも惜しいですね。

冷蔵庫を選択したケースきは置き場をちゃんと確かめることも不可欠ですが、もし、スペースに余裕があるときは、大きめの冷蔵庫を買ったほうがいいかも知れませんね。

冷凍スペースが大きめのものもありますので、多様な生産品を比較検討したケース良いでしょう。

2人暮らしをしたケースきは、容量が大きい洗濯機を選択することもポイントになります。

洗濯を週2回にする等アレンジを行うことによって、水道光熱費の節約にもつながりますね。

こんな風に、冷蔵庫以外の電化生産品選びにこだわることで、食費だけでなく生活費全般の節約を目指しましょう。

食材を有効活用しよう

調理をしたケースき「冷蔵庫の掃除を行う」とか「あり合わせのものを利用する」等と表現することがありますよね。

しかしながら、そみたいに食材を溜め込むことが食費の無駄使いなってはないでしょうか。

調理をつくるときに、調理本に書かれた内容に忠実に従う人もいますが、そうしたケース、ニンジンが4分の1とか、キュウリ半分等、食材が余ってしまいます。

たしかに、新しい調理に慣れるまでは調味料の分量も含めて、調理法に従ったほうが疑いやうですね。

しかしながら、手持ちの食材に調味料を合わせたほうが経済的かも知れません。

特に、野菜は大きさや形もいろいろです。

たとえば、ニンジンをその日の調理に利用する分だけ買入するのは難しくなります。

又、食材によっては入手出来ないものもあるかも知れませんね。

その為、食材の分量に過不足があっても、そこは臨機応変と言うか、手持ちの食材を有効活用したほうがテンション的にも楽ではないでしょうか。

結婚して2人暮らしを始めた後も共働きを続ける目的では、調理づくりを負担に感じ取れることもでてきますね。

そういったケースではに、グラム単位で食材を調整したケース疲れてしまいます。

そこまで完璧にするのではなく、分量も加熱時間も適当にしたほうが、自分たちのお好みに合う味付けにたどり着けるのではないでしょうか。

当然、自己責任でお願いします。

尚、冷蔵庫に眠っている野菜等の食材は、集めてスープにしたり、おお好み焼きにしたり、多様なアレンジ手法があります。

そうすることによって、おかずを1品追加出来るほか、1食分浮かすことが出来ます。

又、食費の節約にもなりますよね。

こんな風に、2人暮らしの食費を節約する目的では、重要な食材の有効活用をおススメします。

コメント