調理をアレンジして楽しもう!

2人暮らしの食費節約術

調理をしたケースきは、1人分や2人分みたいに少人数分をつくると比べると、あるくらい人数が沢山ほうが効率的かも知れませんね。

2人暮らしのご身内で調理をしたケースきも、大きめの鍋でまとめて調理したケース食費の節約につながるのではないでしょうか。

たとえば、冬季のシーズンは「おでん」がオイシいですが、1日目はポン酢で食す、2日目は味付けをしてから食卓に出す等、アレンジをしたケース楽しみ方も倍増しますね。

又、小麦粉に卵を加えて水で溶いた衣を使用して、残ったおでんを「かき揚げ」にする手法もあります。

少なめの油でカラッと挙げるのがポイントのやうです。

こんな風に、2人暮らしの食費を節約する手法はいろいろありますので、多様な調理を楽しみながらアレンジしたケース良いでしょう。

ただし、つくった調理の保全手法にはくれぐれも注意が必要です。

冬季場だとしても暖房が効いた立地で過ごすことが沢山ため、冷蔵庫で保全することが重要です。

又、食す前には入念に火を通すこともキーポイントなポイントになります。

食材のなかには、思った以上に傷みが早いものがあることを知っておきましょう。

もし、少しばっかりだとしてもおかしいと感じたケースではは、迷わず廃棄する勇気も重要です。

せっかくの節約の生活をしていて、健康を損ねることだけは、絶対に避けたいですね。

尚、夫婦どちらかの実家が近い人は、調理のお裾分けをしてもらう手法もあります。

当然、持ち帰ってからの保全や食す前にきちんと火を通すといった、細心の注意は必要ですが、効率的な食費の節約にもなるのではないでしょうか。

大容量の調味料はお得?

調理したケースきに調味料は不可欠ですが、職場にお弁当を持っていくときに調味料の入った容器を含めることも沢山ですよね。

調味料には調理の味を決める大きな使命があります。

ただし、味のお好みは人によって異なってきます。

その為、初めは薄味にしたうえで、食すときに自分自身で追加する手法も良いかも知れませんね。

結婚を機に2人暮らしを始める人もいるとおもいますが、新婚早々にケンカしない為にも、調味料の扱い方には十分注意するように心掛けましょう。

食費を節約する目的では、スーパーで買い物をしたケースきに単価計算を行うことも重要なポイントです。

特に、日用品みたいに比較的長く使えるものは、買入候補の品を並べ、同じ要素で計算して比較検討することをおススメします。

ただし、私たちが口にするものは、安ければ良いと言う訳ではありません。

調味料のケースも例外ではないですね。

大きさにこだわり抜いて買入したのはいいものの、全部を使い切れずに捨ててしまうケースもでてきます。

そうなると、食費の節約にならないだけでなく、重要な調味料を無駄にしてしまうのです。

こんなケースは、ほかの食材や食品を買入したケースきも、けっこう起こる見込みがあります。

やはり、大きさだけで判断するのではなく、2人暮らし等身内の人数に合わせて選択することをおススメします。

又、滅多に利用する機会がないものは買い抑えすることによって食費の節約にもなります。

スーパーへ行くと、ショップ頭に並ぶお買い得品物に目が行きますが、ほんとうに必要かどうかを冷静に判断してから買入しましょう。

そのうえで、早めに使い切断することをおススメします。

コメント