時間がある人はスーパーをはしごする手法も

2人暮らしの食費節約術

食費を節約する目的では、食材や食品を買入するストアー選びも大きなポイントになります。

同じ品物は数多くのスーパーで買入出来ますが、たとえ1円だとしても安いところで買ったほうがお得ですよね。

ある作製専門業者のスイーツを買入するケースを考えてみましょう。

スイーツの作製工程はまったく同じですので、それなら安いストアーのほうが絶対お得と言えます。

これは、食品物に限らず日用品等だとしてもよくあるケースではないでしょうか。

お得に買い物を行う目的では、スーパーをはしごする手法もおススメです。

時間がある人や、スーパー間の移行がスムーズにし易い環境要素に存在する人は、数多くのストアーを掛け持ちすることによって食費の節約にもつながります。

又、品物の割引時間帯を狙ってスーパーに行くとお得になりますね。

2人暮らしのライフスタイルは人個々ですが、平日の午前中や夜の閉ショップ目前等にお安くなる品物を知っておき、時間に余裕がある人が買い物をしたケース良いでしょう。

2人暮らしで節約生活を行う目的では、個々のライフスタイルを尊重しながら、協力し合うことが重要です。

買い物をしたケースきは1週間等のサイクルで調理メニューを決めておき、余分なものを買わないように話し合っておきたいですね。

金融機関の振込手数料を浮かせる目的で、系列金融機関の窓口やATMの立地まで自転車をこぐ手法もあります。

「スーパーのはしご」というのは関係ないかも知れませんが、時間的に余裕がある人にはおススメの節約手法ではないでしょうか。

当然、移行の為にガソリン代が掛かるケースは事情が異なりますが、自転車のケースはそういった費用は発生しませんから。

カートを利用するメリット・デメリットを考えよう

スーパーや量販ショップの入り口にカートが設置されることが多くなりましたが、そのおかげもあり、重いものを携帯したケースきに助かる人も沢山のではないでしょうか。

一方、カートに乗せた買い物カゴが気づいたら満杯になる場合もあり、買い通り越してしまうデメリットもあります。

そのリザルト、食費の節約が遠のいてしまうかも知れませんね。

それを防ぐ為には、カートの利用をどみたいにするか考えることも重要です。

あまり重いものを買う予定がないときは、買い物カゴだけを手にしてスーパーに入ることをおススメします。

当然、女の人が妊娠している、いつも荷物を持つ人が怪我をしている等、そのときの要素にもよりますので、2人暮らしをしているアベックはお互いがバックUPしあうことも必要ですね。

カートの件はさておき、2人暮らしの食費は、1人暮らしの人と比べると割安ではないでしょうか。

やはり、1人分の食材や食品を見つけることが難しいこともでてきます。

当然、コロッケやフライ等、あったら嬉しいだけ買入出来るケースもあります。

しかしながら、初めからパック詰めされているものは、あるくらいの人数分のものが沢山ように感じます。

ただし、そのケースは冷凍保全する手法がありますので、食費の節約手法として知っておくと良いですね。

又、スーパーに買い物に行く時間帯や時期も重要です。

2人暮らしで共働きをしているケースは、お勤め帰りに買い物に行くことも沢山ですが、空腹有り様のままでストアーに入ると、おもわず余分なものまで買入してしまいます。

そうならない為にも、事前にキャンデーを食す等、少しばっかりアレンジを行うことをおススメします。

規格外の食材の買入をおススメ

結婚して2人暮らしを始めるときは、今までの生活環境要素が一変して戸惑う人もいるのではないでしょうか。

結婚当時は臨時出費も少なくないため、生活費全体を把握するのに時間が掛かることもあります。

その為、お互いの意見の食いギャップがあったりして試行錯誤の連続になります。

当然、結婚前から2人暮らしをしているアベックのケースは、そういったハードルは低くなるかも知れません。

お食事は生活の基本です。

その為、生活費をやりくりして貯金にまわせるかどうかは、食費の節約に掛かっていると言っても過言ではありませんね。

あまり細かいことを言い合うと、相手の考え方に失望するかも知れませんが、身内だからこそ言えるのです。

第三者は余分な口出しをしませんよね。

やはり、節約生活を行う目的では、食費の見直しも含めて2人で協力することをおススメします。

スーパーで野菜や果物等を目にしたケースでは、大きさや形が揃っているものが沢山ことに気付かされます。

又、S・M・L等の大きさ別に価値設定されることもありますね。

なかには、品物の重量が価値に反映されることもありますが、コロッケ等のお総菜も含め、1個当たりの単価は同じケースが沢山のではないでしょうか。

こんな事情もあり、スーパー等のショップ頭に並ばない規格外の野菜や果物等もでてきます。

一方で、そういった規格外の品物を取り扱っている大手通販サイト等も少なくありません。

又、野菜づくりをしている人に知り合いがいると、野菜を分けてもらうことも可能になります。

その為、食費の節約にはおススメの手法ではないでしょうか。

通販の利用をおススメ

食材の宅配サービスが話題されて久しくなります。

お弁当の宅配サービスや、献立に基づいて必要な材料だけ届くサービスもあるため、余分なものを買わずに済みます。

食材を余らせる心配がないことから、配達時間等の要素が合うケースは2人暮らしの人にもおススメではないでしょうか。

又、あったら嬉しい食材をオーダーして送り届けてもらう手法もあり、自分自身で献立を考えられる楽しみがメリットですよね。

その為、これらのサービスを利用したケースきは、どのくらいのペースでお弁当や食材が届くのかに対して、きちんと確かめておくことをおススメします。

それというのは別に、ほしい食料品を通販でオーダーする手法があり、こちらも自宅まで届けてもらえるメリットが話題されています。

通販で買入したケースきは、送料0円を意識して「まとめ買い」したケースお得なケースや、送料が掛かってもお得なケースもあります。

スーパーへ買い物に行くと「ついで買い」を行うことも少なくありませんが、通販でオーダーしたケース余分なものを買わなくても良いですよね。

その為、日持ちする食材等を買入する目的で利用したケース食費の節約にもなりやうです。

夫婦2人暮らしで共働きのケースは、荷物の配達時間を夜間や休日に指定することも出来ますよね。

又、外で買い物をして重いものを持ち帰るのは大変ですが、通販でオーダーしたケース自宅まで送り届けてもられることも大きなメリットではないでしょうか。

インターネットが普及したおかげで、パーソナルコンピュータの前で買い物が出来るようになりました。

その為、スーパーへ行かなくても買い物が出来るほか、食費の節約につながるメリットが大きいのではないでしょうか。

コメント