驕る(おごる)平家は久しからず~成功の裏側にひそむワナ~

ことわざ・四字熟語・気づき
『驕る平家は久しからず』:平家一族の盛衰をあらわして、諸行無常を語る「平家物語」の中の、「おごれる人も久しからず」からきた言葉。謙虚な気持ちを忘れおごり高ぶれば、現代でも日本の繁栄、会社の繁栄も、衰退の一途をたどる可能性がある。

あなたは、自分の成功に酔いしれて、謙虚な心を忘れていませんか?

この記事では、古いことわざ『驕る平家は久しからず』から学べる、謙虚さの大切さとは何か、一緒に考えてみましょう。

『驕る平家は久しからず』の解説

このことわざは、平家一族の栄華とその後の衰退を描いた「平家物語」から生まれました。

その中で「おごれる人も久しからず」と記され、それがこのことわざとなりました。

具体的には、豪華絢爛な生活を楽しんでいた平家が、自己の傲慢さから滅亡してしまったという歴史的事実を反映しています。

このことわざは、その教訓を我々現代人にも伝えています。

それは、成功したときほど謙虚であることが大切であり、自分を過信し高ぶると衰退する可能性があるというものです。

自分が成功を収めた時、ついついその成功に浸り、自分は特別だと思いがちです。

しかし、このことわざが教えてくれるように、その成功もまた一時的なもので、傲慢になると衰退してしまうかもしれません。

気づきと教訓

成功は常に謙虚さを伴うべきです。

なぜなら、おごり高ぶると自己中心的な行動に走り、周囲からの支持を失いやすくなるからです。

あなたは今、どの程度自分の行動を振り返り、謙虚な心を持っていますか?

小話

ある若い経営者がいました。

彼の会社は急速に成長し、彼自身も成功の波に乗りました。

しかし、成功により彼は自己中心的になり、スタッフの意見を聞かなくなりました。

その結果、彼の会社は衰退の道を歩み始めました。

しかし、ある日彼は『驕る平家は久しからず』という言葉を目にしました。

その言葉を見て、自分の行動を反省し、再び謙虚な心を持つように努力し始めました。

その結果、彼の会社は再び繁栄の道を歩み始めました。

この話から、どんなに成功しても謙虚な心を忘れてはいけないという教訓を得ることができます。

類義のことわざ

『驕る平家は久しからず』と同じ意味を持つことわざには、『油断大敵』や『傲慢は久しからず』などがあります。

これらのことわざもまた、成功や安定した状態にあるときほど油断せず、常に謙虚であることの大切さを教えてくれます。

『驕る平家は久しからず』とは

『驕る平家は久しからず』は、成功した時ほど謙虚であることの重要性を教えてくれることわざです。

私たちが大切にすべきは、自己の成功によっておごり高ぶるのではなく、謙虚な心を持つことです。

このことわざを心に留め、日々の生活やビジネスに活かしてみてください。

それが、あなた自身の成功を長続きさせ、さらなる成功への道標となるでしょう。

ことわざ・四字熟語・気づき
スポンサーリンク
この記事を書いた人
mamapriレモン

働く女性、家事育児真っ最中の女性の応援、子育てがひと段落してほっとしている女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

mamapriレモンをフォローする
mamapriレモンをフォローする
MaMaPri.com

コメント