スポンサーリンク
ことわざ・四字熟語・気づき

一度に海をつくろうと思ってはならない:小さな始まりの大切さ

「一度に海をつくろうと思ってはならない。まず、小川からつくらねばならない」というユダヤの格言は、大きな目標を達成するためには、小さなステップから始めるべきだと教えています。 この考え方は、「千里の道も一歩から」ということわざと同意です。目標...
ことわざ・四字熟語・気づき

君子は径路を行かず:真っ直ぐな道の価値

「君子は径路を行かず」ということわざは、見識に優れた人は、近道や抜け道を行かず、堂々と大通りを行くものだと教えています。 近道を選ぶことで時間や労力を節約できるかもしれませんが、その結果として道を誤ったり、思わぬ間違いを犯すこともあるからで...
ことわざ・四字熟語・気づき

決断ーなすべきことを実行するよう決心せよ:意志の力と行動の大切さ

「決断ーなすべきことを実行するよう決心せよ」という言葉は、フランクリンの「フランクリン自伝」からの教訓で、一度決心したことは必ず実行することの重要性を教えています。 やるべきことが明確であるにもかかわらず、行動に移すのが難しいとき、まずは「...
スポンサーリンク
ことわざ・四字熟語・気づき

賢者は長い耳と短い舌をもつ:話すより聞くことの重要性

「賢者は長い耳と短い舌をもつ」という西洋のことわざは、賢明な人は他人の言うことによく耳を傾け、自分からは少ししか話さないという意味です。 このことわざには、情報をよく集めて余計なことを話さないようにしましょうという教訓が込められています。 ...
ことわざ・四字熟語・気づき

小異を捨てて大同につく:小さな違いを気にせず、大きな一致点を重視しよう

小異を捨てて大同につく:小さな違いにこだわらず、大きく一致する意見を中心として、ものごとをまとめていこうとすることを意味します。 こんにちは。 今日は、日本のことわざ「小異を捨てて大同につく」についてお話しします。 このことわざは、細かい違...
ことわざ・四字熟語・気づき

損と傷は癒え合う:損失も傷も、時が経てば回復するもの

損と傷は癒え合う:人生に損はつき物です。しかし、損をし続けることはありません。必ずそれを取り返すチャンスが訪れるものです。それは傷が自然に癒えていくのと同じで、あわてずにじっくりと構えることが大切です。 こんにちは。 今日は、日本のことわざ...
ことわざ・四字熟語・気づき

高嶺の花を羨むより足下の豆を拾え:現実を見据えて、まず足元を固めよう

高嶺の花を羨むより足下の豆を拾え:人はとかく理想を求めて、現実を見失いがちになるものです。高望みをする前に、まず自分の足元をしっかり固めなければ、どうして高いところへ進むことができるでしょうか。ひとつひとつやり抜いてこそ、次の目標へと進めま...
ことわざ・四字熟語・気づき

誓いは藁である:シェークスピア「ヘンリー五世」から学ぶ、信頼の大切さ

誓いは藁である:シェークスピア「ヘンリー五世」の中で、約束があてにならないことを、藁にたとえた言葉です。だからこそ、守られた約束や誓いは尊いものであると言えます。信頼を得るためには、約束や誓いを忘れないことが大切です。 こんにちは。 今日は...
ことわざ・四字熟語・気づき

卵を割らないでオムレツは作れない:行動しなければ結果は得られない

卵を割らないでオムレツは作れない:必要とする行動をおこさない限り、結果は得られないものです。自分が望む結果のためには、何かの代償を払う必要が出てきます。自分にとってのオムレツは何であるのか、卵は何であるのかを知って、思い切って「殻」を破るこ...
ことわざ・四字熟語・気づき

追従ほどうまき物なし(ことわざ)

追従ほどうまき物なし(ことわざ) お世辞は聞いて悪い気はしないものですが、 そのためお世辞にはだまされやすいものです。 うまい話にはとんだ落とし穴があるかもしれないので、 注意が必要だという意味です。 「追従ほどうまき物なし」ということわざ...
スポンサーリンク