スポンサーリンク
ことわざ・四字熟語・気づき

天は自ら助くるものを助く:フランクリン「貧しいリチャードの暦」

天は自ら助くるものを助く:フランクリン「貧しいリチャードの暦」 他人の力をあてにせずに、 自分自身の努力によって道を切り拓こうとする者には、 天は力を与えてくれるという意味です。 フランクリンの「貧しいリチャードの暦」に登場することわざです...
ことわざ・四字熟語・気づき

灯台下暗し(ことわざ)

灯台下暗し(ことわざ) 灯台とはろうそくを立てる台のことで、 遠くは明るいが、そのすぐ下は暗いという意味です。 つまり、身近な情報には案外うとかったり、 簡単なことがかえってわかりにくかったりするものです。 「灯台下暗し」ということわざは、...
ことわざ・四字熟語・気づき

人間というものは、自分が恩恵を受けたたくさんのことを、:それを思い出そうとしないと思い出さないものである。井上靖「わが一期一会」

人間というものは、自分が恩恵を受けたたくさんのことを、 それを思い出そうとしないと思い出さないものである。 恨みに思っていることは、一生忘れないのに、 受けた恩恵はころっと忘れ、 いわれないことには思い出さないものです。 このような人の習性...
スポンサーリンク
ことわざ・四字熟語・気づき

人間は宇宙の鬼子:オッペンハイム「戦争と笑い」

人間は宇宙の鬼子:オッペンハイム「戦争と笑い」 自然界はあらゆる点で調和がとれているものだが、その調和を乱しているのが人間です。 人はおろかな戦争を繰り返し、取り返しのつかない自然破壊を行います。 そして宇宙を操ろうとしています。 宇宙から...
ことわざ・四字熟語・気づき

化け物の正体見たり枯れ尾花:恐怖の正体とは

「化け物の正体見たり枯れ尾花」ということわざは、恐れていたものが実際には取るに足らないものであることを明らかにする教えです。「幽霊の正体見たり枯れ尾花」とも表現され、一見恐ろしいと思われるものが、その実態を知ると何でもないことが多いと教えて...
ことわざ・四字熟語・気づき

人の己を知らざるを患(うれ)えず。人を知らざるを患う:自己と他者の理解

「人の己を知らざるを患えず。人を知らざるを患う」とは、他人が自分を理解しないことに悩むことなく、むしろ自分が他人の本当の価値を理解していないことを心配すべきだと説く、「論語」に由来する教えです。 この記事では、この古典的な教えが現代の人間関...
ことわざ・四字熟語・気づき

はやり物はすたり物:流行のはかなさと本質的価値の追求

「はやり物はすたり物」ということわざは、流行するものは一時的であり、やがて忘れ去られるという意味を持ちます。このことわざは、物事の本質的な価値を追求する重要性を示唆しています。 この記事では、流行の移り変わりとその本質的な意味、そして私たち...
ことわざ・四字熟語・気づき

人に一癖:個性としての癖を認め合う

「人に一癖」ということわざは、人それぞれに独特な癖や特徴があるという意味です。これは、しばしば「個性」として表現され、人間関係において重要な役割を果たします。 この記事では、人の癖がどのように個性と結びつき、また人間関係にどのような影響を与...
ことわざ・四字熟語・気づき

卑下も自慢のうち:謙遜と自慢のはざまで

「卑下も自慢のうち」とは、謙遜を装って自分の能力や成果を低く評価する言動が、実は相手に対する自慢になる可能性があると教える日本のことわざです。 この記事では、その意味深いことわざについて掘り下げていきます。 「卑下も自慢のうち」の背景と詳細...
ことわざ・四字熟語・気づき

小を捨てて大に就く – 将来性を見据えた賢明な選択

小を捨てて大に就くとは、二者択一の状況で将来性や重要性を基準により大きな価値や可能性を持つ選択をすることを意味します。 このことわざは、「徒然草」に由来し、戦略的な視点での選択の重要性を説いています。 これは、目の前の小さな利益を追求するの...
スポンサーリンク