起きて働く果報者 – 一日一歩、幸せの種を蒔きましょう!

ことわざ・四字熟語・気づき
起きて働く果報者:働けるいうことは、それだけで幸せなことだ。失業したり病気になると、それが実感としてわかる。人間働けるうちが花である。

何気なく過ごしている日々、でもその日々こそが、私たちの人生そのもの。

それぞれの日々を大切に生きる、そんな視点を提供する今日のことわざ、『起きて働く果報者』について一緒に考えてみましょう。

起きて働く果報者とは?

「起きて働く果報者」この言葉、一度は聞いたことがあるけれど、具体的な意味や由来を知っていますか?

この言葉は、働くことができるという事実そのものが幸せであり、それが自分自身の価値を感じられる瞬間であるという意味を込めています。

もしも失業したり病気で働けなくなったら、その時に初めて働けることのありがたさを実感する、とも言われています。

これは、「人間働けるうちが花」つまり、働くことができる今この瞬間こそが最も価値のある時間であるという考え方ともつながっています。

起きて働く果報者の教訓

働けるという幸せを享受し、その一瞬一瞬を大切にする。

今の瞬間、今この瞬間が、私たち自身が最も輝ける時間だということを自覚すること。

それが「起きて働く果報者」から学べる教訓です。

働けるということは幸せである。

なぜなら、

働くことができるということは、自分自身を表現し、世界に影響を与える力があることを意味するからだ。

あなたは今日、どのように働き、自分自身を表現しますか?

起きて働く果報者に学ぶ、小話

かつて、一人の若者が田舎から都会へと出てきました。

若者は田舎での農作業が嫌で、都会で遊びたくて仕方がありませんでした。

しかし、お金がなければ遊ぶこともままならず、若者はやむなく仕事を探しました。

そして見つけた仕事は、夜明けから夜まで働くという厳しいものでした。

初めはつらく、辞めたくなることも度々でしたが、働くことで得たお金で楽しむことができる喜びを覚え、徐々に働くことの価値を理解し始めました。

そしてある日、彼は「起きて働く果報者」ということわざを聞き、自分の経験と重ね合わせることでその真意を理解しました。

それ以降、彼は自分が働けることに感謝し、一日一日を大切に生きるようになったのです。

同じような意味のことわざ・格言

「起きて働く果報者」に似た意味を持つことわざや格言に、「一日一歩」や「一汗揮う」などがあります。

これらは皆、一日一日を大切にし、その中で働くことの価値や喜びを見つけるという共通のメッセージを伝えています。

まとめ

「起きて働く果報者」

ただ働くだけでなく、その中に喜びを見つけ、感謝することで、毎日の小さな幸せを見つけることができます。

一日一歩、その一歩を踏み出すためにも、働くことの価値を大切にしましょう。

そして、起きて働くことができる幸せを、日々実感していきましょう。

ことわざ・四字熟語・気づき
スポンサーリンク
この記事を書いた人
mamapriレモン

働く女性、家事育児真っ最中の女性の応援、子育てがひと段落してほっとしている女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

mamapriレモンをフォローする
mamapriレモンをフォローする
MaMaPri.com

コメント